体験はこちら
詳しく見る

ブログ

時の流れは早いもので


最近昔の思い出が懐かしく思い年をとったなと感じる今日この頃です

どうも黄昏王子松村です

昔話をしているときよく出てくる話題が私が若かりし頃、2008年に行ったフィリピン時の話です

ウルルン滞在記でガレッジセールのゴリさんがタイとラオスの国境付近の秘境で先住民族と生活する

みたいな番組を見て当時の松村青年は

これは俺も行かなくてはいけい

と思いたち速攻航空券を取りいざフィリピンの秘境バナウェイに行くことを決意したのです!

当時はスマホもまだなく事前に調べた情報と地球の歩き方を片手に行きました

そんな話をしていてみなさん本当か?と思っているかと思い今回昔の写真を引っ張り出しアップすることにしました!

健康ブログとは全く関係ない自分の思い出話ですが、ご興味がある?笑ちょっと見てみたい方はぜひ続きを読んでみてください!

結構長いですので時間セレブな方にオススメです!

 

英語?なんだそりゃ

実は当時(今もではありますが)全くと言っていいほど英語を喋ることができませんでした

よくフィリピンへ行ったものです

今の私なら絶対に行きませんw

しかもツアーではなく航空券をフィリピン航空のHPから直接とるという荒技!

若いっていいですね

飛行機に乗って最初の難関

りんごジュースをください

って英語で言えない

ビールが欲しいも言えない

必死のジェスチャーでもらえたのは

大切です

私が欲しかったのは

りんごジュース

来たのは

・・・

英語ってなんだよ

 

いきなりカミナリ

空港に無事着いた

着いた途端手足が震える

ここからはもう日本ではないんだ

言葉も通じない

フィリピン

ついに来たんだとジーンとしていると

ドォーーーーーん

パチっ

いきなり空港が停電です

一瞬ですけどね

けど

日本ではありえないですよね

空港が停電するなんて

もう不安しかありません

けど帰りの航空券とフィリピンルソン島北部にあるビガン地区にも行きたいと思っていた

そこに行くには飛行機を使わなくてならない

私が握りしめているのは日本からマニラまでの往復航空券とちょっとの日本円そして旅のバイブル地球の歩き方

なんとしてでも航空券を買わねば

必死のパッチで航空券を買えた

なんとかなるもんだ

なんとか変えて空港の外に出ると土砂降り

まるで私の今の心境を表しているようだ

 

洪水でしょうか?

飛行機のチケットを無事にゲットできた松村青年

次は夢にまでみたバナウェイに行こうと

事前に調べた地図を元手にタクシーに乗り込む

その間もどんどん雨が降ってくる

今でいうゲリラ豪雨

みるみるうちに雨水がたまり

 

 

信じられないでしょうがひざ下まで水が来ます

これってもしかして大ニュースで10年に一度の大雨では!?

とまた手足が震えました

実際は当時のフィリピンマニラはまだインフラがしっかりしていなかったこともあり日常茶飯事だったそうです

けどスマホもない時代の当時とんでもない時期にとんでもない国に来たものだと恐怖すら覚えました

タクシーの運転手さんはそんなこともお構いないしに道を進みます

事前に準備していたかんぺでここに行きたいと伝えれたことが大正解

ちなみにフィリピンの公用語は英語

みなさん英語はある程度喋れます

 

ようやくバス停へ

なんとかバス停でそこまで行くことが判明しバス停に着いた松村青年

 

 

そこで待ち構えているのはとんでもないバスだった

ベンツのバス

やるなフィリピン

期待に胸を膨らませながらいざバナウェイへ!

バスに乗り込んだ瞬間

みんなダウンジャケットにニット帽をかぶりだす

こんな蒸し暑い常夏の島フィリピンでダウンを着る人を見かけるなんて

おしゃれのつもりなんだろうか?

しかしその答えはバスが出発後すぐにわかることになる

バスで10時間ほどかかるので持ってきたお菓子やビールで遠足気分のウキウキパラダイスだ

さぁバスが出発するぞ

・・・

めっちゃ寒い

そう

このバス冷凍庫みたいにガンガンエアコンを効かしている

しかも温度調節なし

窓も開かない

念のために持ってきた長袖のTシャツなんてなんの防寒具にもならない

みんなダウンジャケットを着だしたのはこのためだったのか

本当に凍死しかけた

すると夜中に銃声のようなすごい音がしてバスが止まる

テロかっ!?

みんなバスから出るように促される

山賊にでもあったのかとドキドキしながら外に出た

あの冷凍庫のようなバスから出られるだけでも幸せだったが一体何があったのか?

すぐにわかった

パンクしたのだ

修理までしばらく待てとのこと

 

 

こんな山奥に外に出されて何をすれというのだ

しかも夜だ

とりあえず体を動かして熱を作らねば

そうこうしていると出発の合図が出た

また凍死との戦いが始まった

寝るしかない

体を丸め、荷物で暖をとりながら寝た

夜が明けようとしたときまた大きな音で目を覚ます

また、パンクだ

 

 

けど助かった

外は暖かい

と、言うより暑い

合計3回のパンクを経験しようやく街につく

ここが中心街なんだろう

なんとか死なずに目的地付近まできた

けど帰りにまたあのバスに乗らなければと思うと気が遠くなった

今日のところはとりあえずこの街で泊まろう

 

たとえ物がなくても

街をぶらぶらしてみた

その辺には家畜の豚や鶏なんかがたくさんいる

 

 

きっとほぼ自給自足の生活をしているのだろう

近くに川が流れていたので魚はここで取って食べるんだな

子供たちもたくさんいた

おもちゃやゲームがなくてもその辺の枝やつたを使って縄跳びを作ったり木登りをしたりとても楽しそうに生活をしていた

 

 

物資が豊かなのと心が豊かなのはイコールではないのだなと思った瞬間だった

とりあえずご飯だ

なんかライスって書いてあるものを頼んでみた

すごい色のライスがきた

めっちゃ硬いソーセージみたいなのもきた

 

 

味は想像にお任せする

 

ゴールはここじゃない

実は行きたかった場所はここではないのだ

ここからさらにバイクで山奥まで行き、そこからさらに2時間ほど山を登った所にある村。そこに行きたかったのだ

街で見かけた青年が任せろと自慢げに言うので乗せてもらった

サイドカーのれというのだ

昭和初期の映画なんかで出てくる奴より斬新だ

イカしてるだろぐらいの勢いで乗せてくれる

俺のバイクは最高だ

 

 

みたいな感じのことを言っているのか何を言っているのか分からなかったがとりあえず彼の話を聞きながら山道を進んだ

そしたら

またパンクだ

全然イカしたバイクではない

必死に直してくれている

 

 

直らないらしい

と、いうよりこの暑い中なぜ毛糸の帽子を被っているのか不思議で仕方がない

聞きたいが聞けない

なぜなら英語を話せないから

たまたま通りかかったバイクの人に何か話している

しばらくするとその人が部品を持ってやってきてくれた

サムアップを見せてくれる彼

気を引き締めて山道を登り彼は俺が運べるのはここまでだと言わんばかりに私を下ろしてくれた

ここから2時間半

山道を舐めていた

 

 

若い力を使った

 

 

ようやく見えてきた小さな村

あそこへ行くんだ

気分はもう絶頂

疲れも吹っ飛んだ

 

泊めてくれと懇願した家だ

 

すると奥から子供が出てきて金をくれという

しっかりしている

いつもおやつはこの木の枝みたいなのを食べているのだろうか?

食べる?と聞かれたけど丁重にお断りをしておいた

ごめんね

きっとこの子たちももう大人になっているんだろうな

私のことは覚えているのだろうか?

手作り感溢れる家だった

けど何か居心地がいいそんな村でした

朝日は最高です

 

この子たちの学校へ案内してもらった

近道があるからと崖を降りると

絶対渡りたくない橋

大歩危にあった吊り橋より怖いよ

けどこれを渡らないとかなり遠回りしなくてはならないらしい

時間と命を天秤にかけたら時間を取りそうだったが子供たちが早くというので渡った

今でもあるのだろうか?

 

だいぶ身も心も強くなり一週間ほど滞在をして一度マニラに戻ることにした

もう一箇所行きたい場所があったからだ

本当はここから西に少し離れた所なんだけど山がきびし過ぎて渡れないということで一度マニラに戻り飛行機で行くことにしていた

なんだか寂しかったがそれよりもあのバスにもう一度乗らなければならないのかという憂鬱さの方が優った

 

次の目標はビガン地区

ここは元スペイン領だった場所だ

こことはかなり違っている

その話はまたいつかしましょう

 

遅いようで早い、長いようで短い人生だったなと思い出しながら書いたブログ

長文ここまで読んでいただいてありがとうございました!

 

 

 

大阪市で腰痛,運動不足ならゆう鍼灸接骨院 YOU SPORTS GYM

友だち追加

本町,淀屋橋 腰痛、運動不足改善 ゆう鍼灸接骨院 YOU SPORTS GYM
診療時間:9:00〜20:00(土曜日〜13:00)
休診日:日曜・祝日
Tel06-4706-9011

YOUスポーツジム
お電話でのお問合わせはこちら
※スマートフォンは電話番号を タップすると発信できます 06-4706-9011
平日 : 9:00 〜 20:00 土 : 9:00 〜 13:00

Copyright © YOU SPORTS GYM All rights reserved.