美しく健康的な身体づくり

≪毎月3名限定≫
トライアルレッスン募集中
詳細はこちらから

メニュー
美しく健康的な身体づくり

≪毎月3名限定≫
トライアルレッスン募集中
詳細はこちらから

ブログ

保険の請求方法 被害者請求とは


被害者請求の流れ

被害者請求とは、簡単に言うと相手の任意保険会社を経由しないで被害者ご自身で相手の自賠責保険に治療費や慰謝料を請求する事を言います。

流れとしては下記の図の通りです。

 

まず、交通事故に遭われると相手の自賠責保険を使って治療をすることが出来ます。

その時に掛かる治療費は自賠責保険に請求するので被害者の方は窓口金を払うことなく安心して通院することが出来ます。

そして被害者自身が相手の任意保険を通さずに自賠責保険会社に慰謝料と治療費を請求します。

この流れの請求方法を被害者請求と呼びます。

ただし、自賠責保険の上限が120万円と決まっています。それ以上超えて治療をすると慰謝料よりも治療費の方が優先して支払われるので慰謝料が減るという事になります。

 

被害者請求のメリット・デメリット

被害者請求のメリット

①. 任意保険会社がうるさく言ってくることがないので精神的に楽で治療に専念できる

②. 後遺障害認定の時に一括請求に比べて有利となる可能性がある

被害者請求のデメリット

①. 120万円を超えて治療をすることが出来きない

②. 慰謝料などの入金が遅い

③.    面倒な手続きが増える

 

被害者請求の必要書類

① 被害者請求セット

② 交通事故証明

③ 診断書

④ 施術証明書

⑤ 印鑑証明書

これらをまとめて自賠責保険に提出する。

 

① 被害者請求セット

支払請求書兼支払指図書、事故発生状況報告書、(休業損害証明書、通院交通費明細書、必要あれば)

保険会社へ連絡して取り寄せるのですが、どこの保険会社へ連絡すればよいか分からないかもしれません。事故証明書を取得すると”自賠責保険関係”という欄があります。そこに相手側の保険会社と番号が記載されているので、該当する保険会社へ連絡します。

書類保険会社から送られてくる「請求書類セット」に、記入例がありますのでそれを参考にして、交通事故証明書の内容を見ながら作成します。

ただ、支払請求書兼支払指図書の加害者の欄には、自賠責保険の契約者や車両の保有者を記載する欄がありますが、交通事故証明書にはこの記載はありません。
ここは加害者に聞いていてわかっていればいいのですが、分からなければ「記入例のとおり」空欄としておけばいいです。

② 交通事故証明

警察署や交番で交通事故証明書の交付申請用紙をもらい、必要事項を記載して郵便局で540円を払って申請するれば1週間以内に自宅に郵送されてきます。交付申請書を運転免許試験場にある自動車安全運転センターに持ち込めば、同じく540円を払ってその場で発行されます。

また、これまで任意保険に一括対応を受けていたのであれば、その任意保険会社が交通事故証明書を持っていますので、コピーをもらっても構いません。

③ 診断書

医師に依頼して取得します。

なお、症状固定による通院打切りとなった場合は、後遺症慰謝料が請求できるので、更に医師に「後遺障害診断書」を書いてもらう必要があります。

④ 施術証明書

交通事故で通っている整骨院でもらいましょう。

⑤ 印鑑証明書

請求者本人の印鑑証明書を、市区町村役場で取得しましょう。

大阪市で腰痛,運動不足ならゆう鍼灸接骨院 YOU SPORTS GYM

本町,淀屋橋 腰痛、運動不足改善 ゆう鍼灸接骨院 YOU SPORTS GYM
診療時間:9:00〜20:00(土曜日〜13:00)
休診日:日曜・祝日
Tel06-4706-9011

YOUスポーツジム
≪毎月3名様限定≫
トライアルレッスン開催中!
お申し込みはこちらから

Copyright © YOU SPORTS GYM All rights reserved.