美しく健康的な身体づくり

≪毎月3名限定≫
トライアルレッスン募集中
詳細はこちらから

メニュー
美しく健康的な身体づくり

≪毎月3名限定≫
トライアルレッスン募集中
詳細はこちらから

ブログ

交通事故での過失割合の決まり方


過失割合は どのように決まるのか?

交通事故の過失割合は、今回起きた交通事故を 過去の判例に照らし合わせて 決めていくことになります。

判例タイムズというもので似たような事故を探して過失割合を決めていきます。

ただし、ここに記載されている内容はあくまで参考基準ですので、この通りに過失割合が決まるわけではありません。

交通事故では一番この過失割合で揉める事が多いです。

相手が非を認めずに揉めることになったらどうなると思いますか?

相手が非を認めないときは?

自動車が止まっていないとき、つまり自動車が少しでも動いているときは過失割合が発生します。

ですので、怪我をしている側が被害者で、怪我をしていない側は加害者であると短絡的に考えてはいけません。

相手が自分を怪我をさせたから相手が悪いことをしたと思っていても、法的には相手には非がなく、自分の運転の仕方に問題があったということもあります。

この辺りの判断は、交通事故や法律に詳しくない素人には難しいので、相手が事実を認めずに過失割合で争いになった場合は、すぐに専門家に相談することを お勧めします。

過失割合が 0 %になることはあるの?

そもそも過失割合とは何かというと、どちらがどれだけ悪く責任があるかということです。

例えば9:1で相手が悪いという場合は9被害者で1加害者であるという考えになります。

なのでこの場合、相手が9加害者であっても1被害者なので相手も交通事故の保険が使えるということになります。

では、過失割合が0%の時はどんな時かというと、自動車が止まっていて少しも動いていない時、例えば信号待ちをしていて自動車が完全に止まっている際に後ろから追突された場合は過失割合が0になります。全面的に責任を認めて相手が10:0でいいと言った時や悪質な飲酒運転の時などでも過失割合が0になることが多いです。

しかし、過失割合が 10:0 になると保険会社はあなたの代わりに交渉できなくなるので注意しましょう。

過失割合が0だと自分の保険会社は交渉しない?

自分が 自動車や バイク に乗っている時に交通事故を起こすと、加入している保険会社が対応してくれます。

しかし、それは過失が自分にもある場合に限ります。

自分の過失割合が0だと自分の保険会社は交渉をしません。

なぜなら、損害保険というのは、あなたが一切悪くない交通事故では、あなたの保険は使えない というのが前提だからです。

自動車保険は、相手への損害賠償に備えるためのもの だからです。

なので過失割合が0の時は誰も守ってはくれず、加害者側 ( 加害者本人 や 保険会社 ) と示談交渉するのは、あなた自身 ( 被害者本人 ) となります。

しかし、加害者側が納得のいく対応をとってくれるのであれば問題ありません。しかし、なかには示談を進めようとしない人や、非を認めない人もいます。相手の保険会社の言ってることが信じられない 、相手が損害の一部を認めてくれない 、なんてことも起こったりします。そのようなことが起こらないようにある程度の知識は必要になります。

大阪市で腰痛,運動不足ならゆう鍼灸接骨院 YOU SPORTS GYM

本町,淀屋橋 腰痛、運動不足改善 ゆう鍼灸接骨院 YOU SPORTS GYM
診療時間:9:00〜20:00(土曜日〜13:00)
休診日:日曜・祝日
Tel06-4706-9011

YOUスポーツジム
≪毎月3名様限定≫
トライアルレッスン開催中!
お申し込みはこちらから

Copyright © YOU SPORTS GYM All rights reserved.